オン カジ スロットk8 カジノ普通のA4ノートじゃない――Skylake-H採用でワンランク上のプレミアムオールインワンノートPC「VAIO S15」仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 銘柄 数

オン カジ スロットk8 カジノ普通のA4ノートじゃない――Skylake-H採用でワンランク上のプレミアムオールインワンノートPC「VAIO S15」仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 銘柄 数

オン カジ スロットk8 カジノ普通のA4ノートじゃない――Skylake-H採用でワンランク上のプレミアムオールインワンノートPC「VAIO S15」仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 銘柄 数

bitbank クレジット カードk8 カジノ 新VAIO Zの「勝色ダブルアルマイト仕様」と「Z ENGINE基板アクセサリー」に迫るHHKを思わせる玄人仕様:「VAIO Z」の無刻印キーボードって使いこなせる?「VAIO Z」に待望のクラムシェルノート(変形なし)登場 Skylake採用で2モデルへ目指したのは“快” VAIOの新13型モバイル「VAIO S13」登場スタンダードじゃない“S”

パチスロ 0日 イベント VAIOは1月27日、15.5型のオールインワンノートPC「VAIO S15」を発表した。同日より受注を開始し、2月5日に発売する。価格はVAIO OWNER MADEモデルが8万9800円から、個人向け標準仕様モデルが16万9800円、法人向けカスタマイズモデルが9万4800円から(いずれも税別)。

VAIO S15「VAIO S15」

 スタンダードノートPC「VAIO Fit 15E | mk2」の後継モデルでありながら、プロセッサに高性能ノートPC向けの「Skylake-H」を採用し、Hybrid HDDやSSDなどの高速ストレージによってパフォーマンスを大幅に向上した。同社はS15を、大画面とマシンパワーが必要なビジネスの現場から、動画や画像編集といった家庭での用途まで幅広く対応する「ビジネス&クリエイションオールインワン」と位置付ける。

仕事からプライベートまでこれ一台で一般家庭からSOHOなどビジネス用途まで幅広く対応する

 同時発表している13.3型モバイルノートPC「S13」や、発売中の11.6型モバイルノートPC「S11」が属する「S Line」と呼ばれるラインアップは「Standard(標準)」のSではなく「Superior(直訳で、優れた、目上)」のSであると同社は説明する。

 同じく同時発表された「VAIO Z」シリーズや、「VAIO Z Canvas」などが属する「Z Line」は、オンリーワンな存在を目指すハイエンドラインとする一方で、S Lineはパフォーマンスや使いやすさ、デザインなどをバランス良く組み合わせたメインストリームラインとなる。S15においても、通常のA4スタンダードノートPCから一歩上を行くプレミアムを提供することで、高付加価値領域におけるシェア拡大を狙う。

必要な機能がそろうオールインワン、長く使い続けられる高性能

 S15のボディは陶器をイメージした優しい流線型のデザインを採用し、カラーバリエーションはS Line共通色の新色シルバーと、ホワイト、ブラック、ピンクの計4色を用意する。

シルバーシルバーS Line共通色のシルバーホワイトホワイトホワイトブラックブラックブラックピンクピンクピンク

 ディスプレイはタッチ対応と非対応から選択可能で、後者は映り込みを低減するアンチグレア(非光沢)液晶を採用。フルHD(1920×1080ピクセル)液晶は旧モデルが上下20度左右45度だったのに対し、新モデルは上下左右85度の広視野液晶となり、見やすさが格段に向上した。

 本体の手前側面には大型のBOXスピーカーを左右に配置し、本体裏面にはサブウーファーを搭載する。VAIO Zの77デシベルを超える78.1デシベルの大音量を再生可能だ。

VAIO S15手前側面にはスピーカー2基と通知ランプ、SDXC対応SDメモリーカードスロットを備えるキーボードキーボードはテンキー付きで、ピッチは19ミリ

 標準仕様のスペックは、第6世代CoreのCore i7-6700HQ(2.6GHz/最大3.5GHz、4コア8スレッド、3次キャッシュメモリ 6MB)、8GBメモリ(DDR4-2133)、1TBのハイブリッドHDDを搭載。GPUはCPU内蔵のIntel HD Graphics 530となる。

 カスタマイズにも対応し、プロセッサはCore i3、Core i5も選択可能でi5以上はクアッドコアとなる。メモリは4GBから最大16GBまで、ストレージはHDDが最大1TBまで、SSDは128GBを搭載可能で、デュアルドライブにも対応する。

 ワイヤレス機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1を搭載。インタフェースはUSB 3.0×3(うち1つは電源オフ時の給電対応)、HDMI出力、アナログRGB出力(D-Sub 15ピン)、1000BASE-Tの有線LAN、音声入出力、SDXC対応SDメモリーカードスロット、92万画素のインカメラ、BDドライブ(BDXL対応)などを備えている。OSは64ビット版のWindows 10 Homeを採用。64ビット版のWindows 7 Professionalへのダウングレードにも対応する。バッテリー駆動時間は約5.5時間となる。

 本体サイズと重量は、約380.3(幅)×25.1(高さ)×260.8(奥行き)ミリで約2.5キロ。

左側面左側面には左からアナログRGB出力(D-Sub 15ピン)、HDMI出力、1000BASE-Tの有線LAN、USB 3.0ポート×1、音声入出力右側面右側面には左からUSB 3.0ポート×3、ディスクドライブが並ぶオールインワンオールインワンの万能性は魅力だ

 また、前モデルのVAIO Fit 15E | mk2は、インテル Celeronプロセッサ搭載モデルのみ併売し、用途に合わせて価格を抑えたいユーザーの需要にも対応する。

関連商品VAIO バイオ VJS15190111B [VAIO S15/15.5型ワイド/Corei7 6700HQ/HDD1TB/メモリ8GB/ブルーレイディスクドライブ/Windows 10 Home 64bit/Offie H&B Premium プラス Office365サービス/ブラック]ヨドバシ.comで買うVAIO バイオ VJS15190211W [VAIO S15/15.5型ワイド/Corei7 6700HQ/HDD1TB/メモリ8GB/ブルーレイディスクドライブ/Windows 10 Home 64bit/Offie H&B Premium プラス Office365サービス/ホワイト]ヨドバシ.comで買うVAIO バイオ VJS15190311S [VAIO S15/15.5型ワイド/Corei7 6700HQ/HDD1TB/メモリ8GB/ブルーレイディスクドライブ/Windows 10 Home 64bit/Offie H&B Premium プラス Office365サービス/シルバー]ヨドバシ.comで買う#colBoxYodobashiAffiliate .colBoxIndex {width:190px;float:left;padding:15px 10px;border-bottom:1px solid #ccdeee;border-right:1px solid #ccdeee;}#colBoxYodobashiAffiliate .colBoxAffiliateTitle {margin:0 0 10px;height:110px;overflow:hidden;}#colBoxYodobashiAffiliate .colBoxAffiliateTitle strong a {font-size:12px;line-height:1.9;}#colBoxYodobashiAffiliate .colBoxAffiliateButton {}#colBoxYodobashiAffiliate .colBoxAffiliateButton a {background:url(“/images0509/yodobashiaffiliatebutton.png”) no-repeat scroll 0 0;display:block;text-indent:-9999px;width:100px;height:19px;float:right;}#masterWrap #colBoxYodobashiAffiliate .colBoxIndex {width:auto;float:none;}仮想通貨カジノパチンコau 電気 au 解約

Similar Posts

コメントを残す